とっておきの和紅茶、届きました!

こんにちは!日本茶サイト≪en-cha≫ のオーナーでお茶オタクの真弓です。

数週間前に愛知県豊橋市にある「ごとう製茶」さんから

4種類の和紅茶が届きました。


日本産の紅茶というとあまり有名ではないかもしれませんが、

ごとう製茶さんは規模はとても小さいながらも

かなりクオリティーの高い紅茶を作っており、さらに無農薬にこだわる

日本の和紅茶好きこそ知る人ぞ知る、有名なお茶農家さんです。


私も2018年の秋に愛知県尾張旭市で行われた紅茶フェスティバルにて

ごとう製茶さんの紅茶に出会い、その場でファンになってしまいました。



生産量がかなり少なく、業者さんも予約して限定で購入しているのだとか。

去年お茶畑まで赴き、お願いして今回少量注文させてもらったのです。

愛知県豊橋市のごとう製茶さん


早速届いた紅茶の試飲を行いました。


写真を見てみて、いかがでしょうか。

加工されたお茶の葉の形がはっきり残っていればいるほど手作業が多い証拠です。

べにふうきの春摘み… 機械摘み(手摘みに近く少量限定で摘採)、機械揉み

べにふうき夏摘み… 手摘み、機械揉み

ブレンドのオータムナル… 機械摘み、機械揉み


どのお茶も和紅茶らしい甘味の強く柔らかい味で美味しかったです。

ただ、飲み比べてみて正直思ったことは、

大事なのは正直いつ摘みか、ということよりも、どのように摘んで、加工されたかということです。

紅茶というと高温で淹れて飲む際の香りがまず一番大きな印象だと思いますが、
手で摘んだだけでこんなに違うのか、というくらい香りの高さが違います。


もちろんその分摘採する量も少なくなってしまうわけですが、
とっておきのための紅茶としては、全く文句のつけようがないクオリティーだと思います。

準備ができ次第、数量限定でこちらのサイトにも載せますので、
紅茶好きさんはぜひチェックしてみてください!!
(直接のお問い合わせも歓迎です😊)

新茶の季節です!


こんにちは!日本茶サイト≪en-cha≫ のオーナーでお茶オタクの真弓です。

今年も5月1日に八十八夜、5月5日に立夏が過ぎ、
新茶の季節となりました。


4月には九州の方の早生品種のお茶はすでにもうドイツへ輸出されているようですね。


新茶の季節到来です!

静岡県清水の杉山貢大農園さんより


新茶といえば一つのブランドとして高い価値があり、
ワインのボジョレ・ヌーボーや新米等と同じように毎年もてはやされる存在です。


実質摘まれる葉は一番茶と同じものですが、
その後加工してすぐに出荷され売られるのが新茶、
出荷されず一定の場所で寝かされるお茶が一番茶として売られます。

新茶はそのフレッシュな若々しい香りを楽しむのが特徴で、
コクや深みのあるお茶とはまた違った価値があります。



さて、この機会に摘採時期の違いについて書いてみようと思います。


en-chaが扱っているお茶ではほとんどが一番茶となっていますが、
その利点として

・新芽を使っているので葉が柔らかい為、味が繊細で甘い。さわやかな香りが特徴。
・暑くなる前の季節に摘採するので農薬散布が少ない。(オーガニックは関係なし)
・前年からの栄養が蓄えられている為、旨味成分であるテアニンが2番茶の3倍含まれる。

ただ、一番美味しいところを摘み取るわけで摘採の量も少ない為、値段も一番高いです。

対して二番茶、

・一番茶を摘み取った後、暑くなってから大きくなった葉なので硬く、味も雑味が増える
・しっかり太陽に当たっている為カテキン・カフェイン量が豊富。
・暑くなり虫がつきやすくなる為農薬の量も多くなる。

そして三番茶や秋冬番茶は、

・カテキン以外のお茶本来の味成分はあまり残っておらず、カフェイン低め。
・残ったお茶の葉を摘採する為値段が低い。
・血糖降下作用が期待されるポリサッカライドが含まれている。
・二番茶と同じく季節柄農薬の散布が必要になる。


と、以上のような特徴があります。


ただ、カフェインが苦手な方や避けたい方には
むしろいわゆる番茶の方がお勧めできますので、
その場合は有機栽培で農薬が使われていないお茶を飲むとよいですね。

オーガニック赤ちゃん番茶


en-chaでは、コロナの影響もあり
今のところ今年の新茶を入荷するかは分かりませんが、

入荷したらこちらでお知らせしますね!

続・シングルオリジンティー マイベスト品種を探せ!②

さて、本題に入って日本茶の品種ですが、日本で登録されているもので60以上、登録されていないものも合わせると100以上もの種類があるようです。

又、品種というだけでお茶農家の方もただ好きなように選んでいるわけではなく、
味の特徴はもとより、摘採の時期、気候や防災・防虫、育てやすさ等を考慮して
いくつかの品種を選んで育成されている農家さんが多いです。

日本茶の有名品種と言えば、やぶきたですが、
特徴と言えばバランスの取れた美味しさに加えて育てやすさから
現在もほとんどの農家さんがやぶきたをメインに栽培されているのが現実で、収穫量は品種全体の75%にも上ります。

ただ、そうすると摘採時期にとてつもない仕事量となり、
さらに災害を受けた際のリスクも伴う為、
他の品種も並行して栽培する必要性が出てきたわけですね。

さらに、育てるお茶の種類や地域によって品種を変えるという農家さんも多く、

煎茶なら やぶきた、さやまかおり、ゆたかみどり

玉露なら 宇治みどり、ごこう

かぶせ茶なら あさつゆ、つゆひかり

釜炒り茶なら たかちほ、みねかおり

紅茶なら べにふうき、べにひかり

等、ベストマッチングを目指して栽培されます。
(あくまで例なので、別の組み合わせももちろんあります)

以下、en-chaのお茶ラインナップを中心に有名品種の特徴を書いてみます。

やぶきた ・・・ 日本のお茶の品種の代表格。優雅な香りとバランスの取れた滋味を持ち、品評会でも成績が良い為お茶農家から好まれる品種。

おくみどり ・・・ やぶきたからの掛け合わせ品種で、同じく香り・水色・滋味と優れたバランスを持つ。すっきりとした香味で飲みやすい。

在来 ・・・ 元々お茶が中国から伝わった際持ち出された品種で、全体の2%ほどしかない。基本的に挿し木で育てるお茶の木に対して在来種は種から育つので、一本一本に個性がある。

香俊 ・・・ 比較的後から交配された品種で、主に香りに特化している。独特の渋みがあり、味も濃く、個性が強い。en-cha一押し品種。

静7132 ・・・ やぶきたからの掛け合わせ品種だが、元々は特徴がないとの理由で名前も付けられなかった。後になって桜葉の香りがすることが判明し脚光を浴びた品種。ブレケル氏もお勧めしている。

べにふうき ・・・ べにがつく品種はアッサム種と中国種の掛け合わせで、主に紅茶向けに交配されたお茶が多いが、その代表格で和紅茶に使われる。緑茶にして飲むと、花粉症に効くメチル化カテキンが含まれているということで一躍有名となった。

いかがでしょうか。
ただお茶を飲んで味を楽しむのももちろん良いですが、お茶そのものの背景や性格を知ったうえで飲むと、また違った美味しさを感じられますよね。

あなたのベスト品種、よかったら探してみてください^^