Guter Tee lohnt sich (日本語)

こんにちは。en-chaサイトの真弓とイエンスです。

前号(『TEECETERA』第79号、2022年10月)の Tee Gschwendner 通信に載っていた記事がとても気になったので今回はそれについて書きます。
内容は袋入り茶葉と比較して、高品質なリーフ茶葉の価値と収益性、つまり1ユーロあたりどれだけの飲料と品質が得られるかを説明したものです。

今回は、これをもう少し掘り下げて、一杯のお茶が他の飲み物と比べていくらなのかを検証してみたいと思います。

具体的にはミネラルウォーター、ソフトドリンク、コーヒー、紅茶を飲み比べてみます。
0.2リットルを指標としていますが、これは小さめのグラスや一般的なティーカップやコーヒーカップに相当します。
1杯あたりのコストは、0.5セント単位で四捨五入しています。

ミネラルウォーター

ディスカウントスーパーのAldiでは、0.5リットルのミネラルウォーターが6本で0.75ユーロ、1リットルあたり0.25ユーロでした。
0.2リットルのカップは0.05ユーロ、5ユーロセントです。

Reweでは、12×0.75リットルのGerolsteinerが7.29ユーロ、1リットルあたり0.81ユーロでした。つまり、0.2リットルのGerolsteinerのカップは0.162ユーロ、約16ユーロセントです。

Bild: Michael Morse (Pexels)

ソフトドリンク

Aldiでは1.5リットルのコーラが0.49ユーロ、1リットルあたり0.33ユーロです。0.2リットルのカップは、0.066ユーロ=約6.5ユーロセントです。

コカ・コーラの6 x 2リットル入りは11.34ユーロ、Reweでは1リットルあたり0.95ユーロです。0.2リットルのカップは0.19ユーロ、つまり19ユーロセントとなる。

コーヒー

説明書によると、通常のコーヒーメーカーで150mlの飲料に対して、約7gのコーヒー粉を使用します。200mlのカップの場合、9.3gのコーヒー粉を想定しています。水道水は1リットルあたり2ユーロセント、電気は調剤1リットルあたり8ユーロセントと仮定しています。電気と水を合わせると、0.2リットルのコップ1杯あたり2ユーロセントになります。

Aldiでは1ポンドのコーヒーが4.99ユーロで買えます。これで最大54杯分のコーヒーを作ることができます。0.2リットルのコップが0.092ユーロ、約9ユーロセント、電気と水道が約11ユーロセントです。

Reweでは、GEPAコーヒー(フェアトレードのコーヒー)1キロを22.79ユーロで購入することができます。これで最大108杯分のコーヒーを作ることができます。0.2リットルのコップで約0.211ユーロ、約21ユーロセント、電気と水道で約23ユーロセントの支払いとなります。

お茶

ティーバッグの多くはカップ用に作られているため、当社の0.2リットルのカップに適合します。リーフティーの説明書は、それぞれのお茶に個別に記載されています。電気と水については、コーヒーと同様、0.2リットルカップあたり2ユーロセントと仮定しています。

Aldiでは50袋入りの紅茶が0.89ユーロセントです。0.2リットルのコップで0.017ユーロ、2ユーロセント弱、電気と水道で4ユーロセント弱です。

Reweでは、20袋入りの緑茶(オーガニック、Bünting社)が2.39ユーロです。0.2リットルのコップが0.119ユーロ(約12ユーロセント)、電気と水道が14ユーロセント弱です。

en-chaが取り扱っている玉緑茶「火の国緑」(有機栽培、リーフティー、en-cha)は、100gで11.90ユーロ。1リットルのお茶には、約10gの茶葉を使用します。お茶は簡単に2回淹れることができます。つまり、1パッケージで20リットル、100杯分の飲み物を作ることができるのです。したがって、0.2リットルのカップの価格は0.119ユーロ、つまり12ユーロセント弱で、これに電気と水道が加わり、合計14ユーロセント弱となります。

最後に、Tee Gschwendner紅茶(アッサム、リーフティー)をご紹介します。100gで4.60ユーロ、1リットルで13gの茶葉を使用し、7.8リットル、39杯分の飲料を作ることができます。0.2リットルのカップで0.117ユーロ、約11.5ユーロセント、電気・水道代込みで約13.5ユーロセントです。

緑茶やウーロン茶のようなリーフティーは最低でも2回は美味しく淹れられます。中にはもっと何度も楽しめるものも。

まとめ

ドリンク
0,2ℓごとのユーロセント
ミネラルウォーター (Aldi)5
ミネラルウォーター (Gerolsteiner)~ 16
コーラ (Aldi)~ 6,5
コカ・コーラ19
コーヒー(Aldi)~ 11
コーヒー (GEPA, オーガニック)~ 23
紅茶 (Aldi, ティーバック)~ 4
緑茶 (Bünting, オーガニック, ティーバック)~ 14
緑茶 (<<en-cha>>, オーガニック, リーフティー)~ 14
紅茶 (Tee Geschwendner, リーフティー)~ 13,5

非常によくわかると思いますが、各飲み物はかなり近い位置関係にあります。高品質のリーフティーは、ブランドもののミネラルウォーターや清涼飲料水よりもさらに安いのです。
品質や製造方法など、それぞれの飲み物の違いを考えると驚かされます。
例えば、オーガニックのお茶やコーヒーは、高度に専門化した農業と特殊な加工が必要です。GEPA、≪en-cha≫、Tee Gschwendnerの製品は、公正に取引され、販売に至るまでの一連の流れへの透明性がはっきりしています。

つまり、最高品質のリーフティーは、公正で健康的でおいしいだけでなく、かなり手頃な価格だということです。

いかがでしたか?
現在世界的な経済状況も厳しい中、高品質な温かいお茶を飲んで寒い冬を乗り越えましょう😊

秋祭り参加の告知


こんにちは!日本茶サイト≪en-cha≫ のオーナーでお茶オタクの真弓です。


もう今週末ですが、9月24日、25日にハイデルベルクの秋祭り「Heidelberger Herbst」が開催されます。
そしてそれに参加する熊本友の会及びラインネッカー友の会のブースにてen-chaのお茶を売らせていただくことになりました。(場所は旧市街のJesuitenkirche前付近です)

コロナ禍で開催が中止されていたので今年は3年ぶりの開催となります。
その為どのくらいの訪問者がいるかはまだ未知ではありますが、開催を待ちに待っていた参加者たちはたくさんいるでしょうから、大規模な祭りとなることは間違いなさそうです。



そしてその次の週、10月2日にはフランクフルトの独日協会によるJapan Tagというイベントに参加予定です。
会場に入場するには入場料がかかるみたいですが、日本文化の体験が目白押しで予定されているようなので、もし日本文化が好きな人は行ってみる価値大ですよ。
リンク→Japan Tag


その後も盆栽センターにて参加予定がありますので興味のある方はチェックしてみて下さい。

16. Oktober Bonzeizentrum Heidelberg にて日本茶、茶道のデモストレーション提供

22. Oktober Bonzei Sturm にて日本茶、茶道のデモンストレーション提供

市民講座での日本茶の授業


こんにちは!日本茶サイト≪en-cha≫ のオーナーでお茶オタクの真弓です。

2020年からハイデルベルクを中心として、市民講座にて日本茶の授業を行っています。

何度か場数を踏んだのと、茶道の教室は毎回人気も高く興味を持ってもらえるので、
もう少し範囲を広げて行ってみることにしました。


予定は以下の通りです:

10月9日 13:00 – 15:00 VHS Heidelbergにて茶道と抹茶講座

10月15日 15:00 – 17:00 VHS Mannheimにて茶道と抹茶講座

11月24日 14:00 – 16:00 VHS Wieslochにて茶道と抹茶講座

1月15日 15:00 – 17:00 VHS Bruchsalにて茶道と抹茶講座

1月22日 13:00 – 15:00 VHS Heidelbergにて日本茶テイスティング講座


これらの講座は最低参加人数(最高参加可能人数も)がありますので、
まだ100%開催できるかどうかは分かりませんが、

これだけのチャンスを頂けたので、希望者がいればできるだけ
日本のお茶文化をお届けできれば本望です。

もしご興味がある方、またはそのような方が周りにいらっしゃるようなら
ぜひ各市民講座のホームページサイトでチェックしてみてくださいね!